/

この記事は会員限定です

人の「目」は過重労働時代 守るメガネ高級化

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で広がった非接触や巣ごもりなどの新たな生活様式は個人の消費行動にも大きく影響した。在宅勤務やオンライン授業、動画配信サービスの視聴、と画面を通じてつながる世界は大きく広がり、世界とつなぐ道具となったパソコンやテレビは好調な販売が続いた。人は外部から受け取る情報の多くを視覚から得ているが、その重要性はコロナ禍で一段と高まった。画面の向こうの世界と私たちをつなぐ「目」を守るメガネが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1245文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン