/

この記事は会員限定です

信越化学、塩ビ樹脂を値上げ 2年5カ月ぶり

3月納入分から国内向け10円以上、原料高を転嫁

[有料会員限定]

信越化学工業はインフラ資材や日用品に使う塩化ビニール樹脂の国内向け価格を3月1日納入分から1キロ10円(6%前後)以上引き上げる。値上げ表明は2018年10月分以来2年5カ月ぶり。原料のエチレンが値上がりしているほか、物流や設備補修のコストも上昇しており、製品価格に転嫁する。

塩ビ樹脂は水道管などのパイプや建設資材、日用品・フィルムなど幅広い用途がある。信越化学が最大手で、今後、他社が追随する可能性もある。値...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン