/

この記事は会員限定です

船舶の新燃料シフト、7割上回る 原油安追い風

IMOの硫黄分規制から1年 従来燃料との値差縮小

[有料会員限定]

国際海事機関(IMO)による船舶燃料の環境規制の開始から1年が経過した。硫黄分を多く含む重油から低硫黄の新燃料「適合油」への移行作業は、価格の割高さがネックとなり当初難航するとみられたが、新型コロナウイルス禍を背景にした原油安で従来の燃料との価格差が縮小。業界の当初の見立てより燃料転換は進んでいる。

大気汚染の原因とされる硫黄酸化物の排出削減を目的に2020年1月に導入したIMO規制では、船舶燃料...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り903文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン