/

この記事は会員限定です

タケノコ 水分たっぷり、甘くておいしく 

彩時季

[有料会員限定]

春の味覚の代表、タケノコの出荷が本格化してきた。タケノコはその名の通り、竹の地下茎から伸びる若い芽の部分にあたる。一旬(いちじゅん、10日間)で竹に成長してしまうことから「筍」とも書く。

農林水産省によると、2019年の全国生産量は約2万2285トン。都道府県別で最多は福岡県の約5653トンで、鹿児島県、熊本県と九州勢が続く。

福岡県では北九州市の合馬(おうま)地区で生産される「合馬たけのこ」が有...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン