/

この記事は会員限定です

高騰コモディティーの実相 グリーンが変える需給

[有料会員限定]

コロナ禍で苦戦しているはずの世界の鉱山会社に異変が起きている。

チリを本拠に銅や金などを生産するアントファガスタの2020年12月期の銅の販売量は前の期に比べ4%減り、金は31%減だったが、売上高は3%増の51億ドル(約5600億円)を確保した。銅の販売価格上昇が補った。

銅の国際価格は昨年春の安値から約2倍に上昇し1トン9000ドル前後と約9年半ぶり高値圏にある。ニッケルやアルミも高値圏にあるな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1301文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン