/

この記事は会員限定です

中国綿花、人権問題で敬遠 米国産に比べ価格上昇鈍く

ミャンマー産の宝石、大手ブランドは調達回避

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

人権問題で中国産綿花の価格に下押し圧力がかかっている。強制労働や人権侵害の疑いのある中国・新疆ウイグル自治区問題をきっかけに、企業が中国産綿花の使用を敬遠する動きが広がっているためだ。ミャンマー産のルビーは、大手ブランドが調達を回避する姿勢が鮮明だ。消費者や投資家が人権問題に敏感になっており、調達先の見直しを迫られている。

米中の綿花市場で値動きが乖離(かいり)している。米国が新疆綿を使用した製品...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン