/

この記事は会員限定です

「脱炭素、プラチナ需要に追い風」

WPICリサーチ責任者 トレバー・レイモンド氏

[有料会員限定]

プラチナ(白金)の国際価格が昨秋以降上昇基調だ。世界的な脱炭素化が加速し、燃料電池車(FCV)や生成過程で二酸化炭素(CO2)を出さない「グリーン水素」の製造に使う白金の需要増加観測が強まってきたことが一因だ。白金の国際調査機関WPIC(英)で市場調査の責任者を務めるトレバー・レイモンド氏に聞いた。

――脱炭素化は白金需要にどう影響しますか。

「FCVに使う白金は10年以内に年31トンと、現在の年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り408文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン