/

この記事は会員限定です

パーム油、2カ月ぶり安値圏

マレーシア先物 輸出が減少

[有料会員限定]

揚げ油やマーガリンに使うパーム油の国際価格が下落した。指標となるマレーシア市場のパーム油先物(中心限月)は日本時間22日夕時点で1トン3240リンギ(約8万3千円)前後。1月上旬の高値から16%安く、約2カ月ぶりの安値圏にある。

主要輸出先のインドや中国向け輸出が急減し、需給逼迫感が和らいだ。貨物検査会社によると、1月1~20日のマレーシアのパーム油輸出は前月同期比43%減少した。

同国のパーム油...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り271文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン