/

東レ、ABSとPBT樹脂を値上げ 18年以来、原料高で

東レは自動車部品や家電製品などに使うアクリロニトリル・ブタジエン・スチレン(ABS)樹脂とポリブチレンテレフタレート(PBT)樹脂を2021年1月4日出荷分から値上げすると発表した。原料価格に加え、海上運賃なども上昇しており、製品価格に転嫁する。

値上げ幅はABSなど「トヨラック」や「トヨラックパレル」の製品名で販売する合成樹脂が1キロ30円以上。汎用品では1割前後、特殊品で3~8%程度とみられる。PBTは国内向けが1キロ50円、海外向けが同0.5ドルとしている。

ABSの値上げは2018年10月出荷分以来、2年3カ月ぶり、PBTは18年11月分以来、2年2カ月ぶり。いずれも、自動車を中心に合成樹脂の需要が回復しており、主原料の取引価格が高騰している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン