/

この記事は会員限定です

20年の生鮮市場、コロナ禍が翻弄 取扱額3.8%減

都中央卸売市場 外食不振で水産苦戦 巣ごもり旺盛で青果堅調

[有料会員限定]

新型コロナウイルスは野菜や魚などを扱う生鮮市場を揺るがした。全国から食材が集まる東京都中央卸売市場の2020年の総取扱額は4年連続で前年実績を下回った。「外食不振」と「巣ごもり拡大」が交錯するなかで、水産の落ち込みと青果の堅調さが鮮明になった。

都中央卸売市場によると、20年の総取扱額は前年比3.8%減の1兆1360億円だった。水産が10.3%減の3757億円、食肉が7.5%減の1242億円、花卉...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン