/

この記事は会員限定です

卸電力、高値で乱高下 「インバランス」巡り市場混乱

新電力が調達急ぐ 先物価格、現物との乖離も

[有料会員限定]

寒波や発電燃料不足を背景に急騰した卸電力のスポット価格が、高値圏で乱高下している。新電力などがペナルティーの「インバランス料金」を避けようと市場で高値購入しているためで、相場は1カ月前の約5倍の水準で推移している。東京商品取引所の先物価格も現物相場と乖離(かいり)して取引が伸び悩んでおり、東商取は値決めのルールを見直した。

日本卸電力取引所(JEPX)のスポット市場では、全国の相場動向を映す指標価...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン