/

この記事は会員限定です

スズ、1年10カ月ぶり高値 産地で供給不安続く

[有料会員限定]

スズの国際価格が約1年10カ月ぶりの高値圏で推移している。新型コロナウイルスの影響で在宅時間が長くなり、販売が増えている通信・電子機器向けの「はんだ」需要が拡大している。米バイデン政権が誕生し脱炭素が進んで需要が増えるとの思惑から銅など非鉄が上昇した流れも波及した。

国際指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先物は20日に終値で1トン2万1633ドルと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン