/

この記事は会員限定です

トラック業界襲う三重苦

輸送需要減/運転手確保厳しく/安全対策 中小廃業増の恐れも

[有料会員限定]

98%が中小・零細のトラック運送業界が三重苦に直面している。新型コロナウイルス禍の長期化で企業間の荷動きが低迷、運賃に下げ圧力がかかる。一方、ドライバー確保のための人件費や車の安全装備費などの固定費は上昇。これまで見送られてきた残業上限規制の適用も2024年度に迫る。運送業者の経営は一段と厳しさを増す。

「うちの会社を買ってくれないか」。奈良市の中堅運送会社、富士運輸には年明け以降、すでに10件以...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り867文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン