/

この記事は会員限定です

LME銅、中国頼みの上げ一服 輸入急減、目先は調整観測

投機筋、売り時探る

[有料会員限定]

銅の国際相場が高値圏で足踏みしている。需要のけん引役である中国の輸入の勢いが弱まりつつある。最高水準まで買い越しを続けてきた投機筋は利益確定の機会をうかがう。本格的な腰折れを見込む声は少ないが、急上昇が続いた相場は目先、調整が入りそうだ。

国際指標のロンドン金属取引所(LME)の銅の3カ月先物は22日時点、1トン8000ドル近辺で推移する。今月上旬に一時、約7年10カ月ぶりとなる8200ドル台を付...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1144文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン