/

この記事は会員限定です

大型ばら積み船、用船料急騰 1カ月で2.4倍

中国で滞船増、スペース不足に

[有料会員限定]

鉄鉱石などを運ぶ大型ばら積み船の用船料(チャーター料)が急騰し、約1カ月で2.4倍となった。鉄鉱石の主要消費国である中国向けの輸送需要が旺盛だ。さらに同国を襲った寒波により沖合に流氷が発生したことや新型コロナウイルスの感染対策で荷役の効率が落ち、滞船が増加。船腹の供給も減少している。

大型ばら積み船の指標となるケープサイズ(載荷重量約18万トン)の用船料は主要航路平均で1日あたり2万5000ドル前...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン