/

この記事は会員限定です

航空貨物輸出量、20年12月13%増 英国のEU離脱に備え

20年は前年比19%減 コロナ禍響く

[有料会員限定]

航空貨物運送協会(東京・中央)が発表した2020年12月の日本発の航空貨物輸出量(混載貨物ベース)は8万8415トンと前年同月比13%増加した。2カ月ぶりに前年を上回り、21カ月ぶりの高水準となった。冬場以降、新型コロナウイルス禍で落ち込んだ荷動きの回復が鮮明となっている。

地域別にみると、米国向けが前年同月比11%増加。欧州向けは英国が同19%増、ベルギー・オランダ・ルクセンブルクも同20%増え...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン