/

この記事は会員限定です

輸入チーズ4%高 1~6月契約分

中国の需要増が波及

[有料会員限定]

輸入チーズの取引価格が上昇した。輸入量の約半分を占めるオセアニア産は2021年1~6月期の価格がこのほど前期(20年7~12月)比4%高で決まった。20年1~6月期以来1年ぶりの値上がりだ。海外の乳業大手は1割弱の値上げを求めたが、交渉を経て上げ幅は抑えられた。新型コロナウイルス禍の影響で国内在庫は多く、消費は再び減速している。

農林水産省によると、国内で扱うプロセスチーズ原料の8割は輸入品が占め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り872文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン