/

この記事は会員限定です

国内ホテル稼働率30%に 2月、5.6ポイント上昇

客室単価は1万円割れ

[有料会員限定]

ホテル専門の英調査会社STRが発表した2月の国内ホテル平均稼働率は、1月から5.6ポイント上がって30.2%となった。稼働率はやや戻したものの、2020年12月から年明けにかけての新型コロナウイルス感染拡大の影響が大きく、水準としてはなお低い。

2月の全国の平均客室単価は9525円で、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン