/

この記事は会員限定です

NY粗糖4年ぶり高値 インドの輸出停滞で需給逼迫観測

[有料会員限定]

砂糖の原料となる粗糖の国際相場が一段と上昇した。指標となるニューヨーク先物(期近)の18日終値は1ポンド17.51セントと約4年ぶりの高値まで上昇した。2020年の底値比で9割高い。

世界で海上輸送コンテナが不足しているあおりで、世界生産2位のインドの出荷が停滞。砂糖不足を見越して中東の製糖大手が大口で買いつけるとの話も流れ、粗糖の需給が逼迫するとの観測による買いが強まった。

高値は続く見通しだ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン