/

この記事は会員限定です

砂糖生産者の保護制度、揺らぐ財政基盤

[有料会員限定]

国内の砂糖生産者を保護する制度の財政基盤が揺らいでいる。財源の多くは製糖会社が原料糖を輸入する際に負担する。ただ新型コロナウイルス禍による砂糖の需要減で徴収が減り、「調整金」の収支は3年ぶりの赤字に転落した。市場の縮小に直面する製糖会社の負担感は強く、制度の見直しを求める声も出始めている。

三井製糖など国内の製糖会社は、タイやオーストラリアなどから原料糖を輸入し国内で精製して製品にする。国内では沖...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1236文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン