/

この記事は会員限定です

配合飼料 大幅値上げ

JA全農、1~3月 穀物相場が急騰

[有料会員限定]

全国農業協同組合連合会(JA全農)は18日、牛や豚といった家畜の餌になる配合飼料の2021年1~3月期の出荷価格を20年10~12月期比1トン平均3900円引き上げると発表した。値上げは2四半期連続で、米国の干ばつで4350円値上げした12年10~12月期以来の大幅な引き上げとなった。新価格は1トン6万6800円前後とみられる。

主原料であるトウモロコシと大豆ミールの相場上昇が背景だ。作付け期を迎...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン