/

この記事は会員限定です

正月飾りの定番マツ・センリョウ、前年より安め

ホテルやイベント向け厳しく

[有料会員限定]

正月飾りに使われるマツやセンリョウ(千両)が前年より安い。新型コロナウイルス禍で年始イベントが相次ぎ中止されるのが響いた。ホテル向けの需要も低迷し、長尺で形のよい高品質なものほど売れ行きが鈍い。

12月上旬に東京・大田で開かれた松大市では入荷量は前年より35%多かった。主催した花き大手の大田花きによると、マツの卸値はホテルなどに飾られる1メートル40~60センチのものが1本80円程度。前年比で3~4割安い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り221文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン