/

この記事は会員限定です

チューリップやバラの卸値2割高 2019年同期比

卒業式需要が復活

[有料会員限定]

チューリップやバラなどの切り花の卸値が高い。卒業式向けの需要が復活し、家庭で飾る需要も堅調だ。

東京都大田区の花き市場では、赤いバラの3月上旬の卸値が1本200~220円。コロナ禍で大幅に値下がりした前年同期と比べ7割高い。2019年同期比でも1~2割高だ。

昨年の需要減を受けて国内生産者は栽培を減らし、輸入も低調。市場入荷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り159文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン