/

この記事は会員限定です

ジャガイモ6割高、2月、平年比、東京、不作と巣ごもりで

[有料会員限定]

ジャガイモが高い。農畜産業振興機構(東京・港)がまとめた東京市場の2月上旬の卸値は1キログラム239円。平年(過去5年の平均)比6割高く、豊作で安値だった前年同期の3倍。同機構の調査開始以来2月上旬としては最高値だ。

国産の8割を供給する北海道が不作だった。ホクレン農業協同組合連合会(札幌市)によると2020年産の累計出荷量(道外)は21年2月上旬時点で10万4400トン。前年同期比15%少ない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り336文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン