/

この記事は会員限定です

天然ゴム2カ月半ぶり高値

原油高と産地相場の上昇で

[有料会員限定]

タイヤに使う天然ゴムが反発した。国際指標の1つ大阪取引所の天然ゴム先物(RSS、期先)の17日清算値は1キログラム259.6円と前日比7.6円(3%)上昇し、約2カ月半ぶりの高値を付けた。原油や産地相場の上昇を見た買いが先行した。

新型コロナウイルスのワクチン普及による景気回復期待や米国を襲った寒波による供給障害で原油相場が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り161文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン