/

この記事は会員限定です

イチゴ、過去20年で最高値 日本で「独自の進化」

[有料会員限定]

果物の中で日本人に不動の人気を誇るイチゴ。つやつやした赤い色にコロンとした写真映えする形、甘い香りは魅力的だ。だが、近年はイチゴと言えば、まずは高値が連想される果物になっている。東京の卸売市場では、2020年12月の卸値が一時、ここ20年間の最高水準まで上昇。世界のなかでも「独自の進化」を遂げた日本のイチゴは、気軽に楽しめる果物ではなくなっている。

12月、東京の大田市場のイチゴ専門仲卸、文孝商店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込む。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン