/

この記事は会員限定です

中国産原料のそば粉、6年ぶり値上げ 3月以降に2~3割

[有料会員限定]

中国産原料を使ったそば粉の価格が6年ぶりに上がる見通しとなった。そば製粉大手が3月以降、相次ぎ値上げする。同国産のソバの実が、作付け減少や新型コロナウイルスによる物流混乱で高騰しているためだ。中国産は日本国内の流通の半分強を占めるとみられる。値上げはそばの小売価格などに波及する可能性が高い。

そば製粉最大手の日穀製粉(長野市)は3月に中国産原料を使ったそば粉を1キロ70~75円程度引き上げる方針だ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン