/

この記事は会員限定です

合成ゴム、国内価格が一段高 2~4月

自動車生産回復、需給タイト感続く

[有料会員限定]

自動車のタイヤや部品などに使う合成ゴムの国内取引価格が一段と上昇した。2~4月の大口価格は前四半期に比べ15~23%高い。自動車の生産回復で原料が大幅に値上がりしたほか、合成ゴム自体の需給に引き締まり感が強いことを映した。

主要品種は2四半期連続で上昇。主にタイヤ向けのスチレン・ブタジエンゴム(SBR)の指標品は1キロ205~220円と、前四半期比40円(23%)程度高い。ホースやチューブなどに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン