/

この記事は会員限定です

原油襲った2つのショック

20年回顧 揺れた市況① 4月に前代未聞の「マイナス37ドル」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス下の2020年、商品市況は国内外で大きく揺れた。未曽有の需要減に見舞われたエネルギーや素材価格が下落した一方、あふれたマネーは貴金属などの相場を上向かせた。各市場の1年を振り返り、21年を展望する。

低迷が続いたニューヨーク原油先物価格は足元で1バレル48ドル前後まで上昇、3月上旬以来の高値を付けた。新型コロナのワクチンが欧米で実用段階に入り、来年以降の経済正常化を先取りした。金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン