/

この記事は会員限定です

大人のごちそう「ふりかけ」 魚介のうま味、贈答にも

家庭支出額20年ぶり高水準

[有料会員限定]

米の消費量が減っているにもかかわらず、ふりかけの需要は伸びている。総務省の家計調査によると、2020年の1世帯あたりの支出額は1702円と20年ぶりの高水準。魚介のうま味を凝縮したごちそうになるふりかけや、おしゃれな贈答用も人気。白米はもちろん、豆腐やチャーハンなどに応用範囲が広がっている。

ふりかけは、日本生まれの食べ物だ。14年に始まった、全国のふりかけ商品がおいしさを競う大会「全国ふりかけグ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1317文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン