/

この記事は会員限定です

高炉の鉄鉱石4~6月調達価格、9年半ぶり高値

国際市況は昨年末比1割高 原料炭も上昇、鋼材値上げ一段と

[有料会員限定]

高炉が製鉄の主原料に使う鉄鉱石の調達価格が急騰し、9年半ぶりの高値を付けた。中国の需要が引き続き旺盛で、国際スポット(随時契約)価格が大幅に上昇したのを反映した。もうひとつの主原料である石炭の調達価格も上がっている。高炉各社は製品の鋼材値上げを一段と進める構えだ。

日本製鉄など日本の高炉は、鉄鉱石の調達価格を資源大手と3カ月ごとに決める。4~6月期は1トン当たり155ドル程度(FOB=本船渡し)と1~3月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り874文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン