/

この記事は会員限定です

大豆ミール先物、中国で急落 アフリカ豚熱の拡大を懸念

[有料会員限定]

中国の商品先物市場で家畜の飼料原料となる大豆ミール価格が急落している。中国でアフリカ豚熱(ASF)が発生し、大豆ミールの需要が減るとの見方が相場を下押ししている。

大連商品取引所の大豆ミール先物(期近)は15日の終値が1トン3196元(約5万3千円)。前週末に比べ1割強安く、約3カ月ぶりの安値をつけた。日本時間16日夕時点では3230元前後で推移した。

今年に入って広東省や新疆ウイグル自治区で相次...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン