/

この記事は会員限定です

ジャガイモ卸値、東京で2割高 東北大雪で入荷停滞

昨年末比 コンテナ列車運休響く 

[有料会員限定]

ジャガイモが値上がりしている。東京での1月中旬の卸値は昨年末と比べて2割高くなった。東北での大雪の影響でコンテナ列車が運休し、北海道から本州への輸送が停滞。青果市場への入荷量が減った。

農林水産省の市場取引データをもとに農畜産業振興機構(東京・港)がまとめたジャガイモの日別の卸値は、東京市場(豊洲、大田、豊島、淀橋)の14日時点で1キロ189円だった。平年(過去5年平均)比で4割高い。卸値は足元で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン