/

この記事は会員限定です

LNGスポット一段高 パナマ通航に遅れ

[有料会員限定]

液化天然ガス(LNG)が一段と値上がりし、およそ2年ぶりの高値を付けた。東アジアのスポット価格は100万BTU(英国熱量単位)あたり9.5ドル前後と、この1カ月で4割超上がった。米国産LNGの輸送路であるパナマ運河で船舶の混雑による通航の遅れが生じ、アジア方面への供給に支障が出ている。

米国はLNGの生産拠点がメキシコ湾岸に集積し、パナマ運河経由でアジアに輸出する。パナマ付近では濃霧による視界不良...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン