/

この記事は会員限定です

米中合意1年、目標未達も農産物相場押し上げ

大豆など6年半~7年半ぶり高値

[有料会員限定]

米中の貿易交渉を巡る「第1段階の合意」から1年。全体では中国が米国製品を大量購入する約束は目標の6割弱にとどまるが、農産物に限れば国際相場を大幅に押し上げた。指標となるシカゴ先物相場(期近)は現在、大豆が1ブッシェル14ドル前後、トウモロコシは同5ドル前後といずれも昨春の安値から8割弱高く、6年半~7年半ぶりの高値圏にある。

合意では2020年に農産品を366億ドルほど買う約束だった。米ピーターソ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン