/

この記事は会員限定です

原油タンカー運賃、前年比9割安

冬場でも輸送低迷 高騰のLNGタンカーと対照的

[有料会員限定]

原油タンカーのスポット(随時契約)運賃が低迷している。前年同期比では9割安く、冬場の需要期を迎えても値上がりする気配はない。足元ではサウジアラビアが原油の追加減産を表明。新型コロナウイルスの感染再拡大で欧州などではロックダウン(都市封鎖)に踏み切る動きもあり、今後の輸送需要も低調に推移しそうだ。

中東―極東航路の大型オイルタンカー(VLCC、載荷重量約30万トン)の運賃指標で、毎年年初に基準を改定...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン