/

この記事は会員限定です

コロナ苦境の酒米、「食べ方」模索

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で日本酒原料の酒造好適米が苦境に陥っている。飲食店の不振などで2020年産の需要量は19年の実績見込み比で1割前後減る見通しだ。苦境に立たされた産地などは「食べ方」で工夫を凝らす。白いご飯として普通に食べてもあまりおいしくないが、「硬くてパラパラ」という特性を生かし、リゾットやパエリアなどに活路を見いだす。

「いろいろ試したが、やっぱりパエリアは特においしい」。JA全農みえ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン