/

この記事は会員限定です

鴨志田農園 こだわりの堆肥で野菜作り

[有料会員限定]

鴨志田農園(東京都三鷹市)は「堆肥」にこだわった野菜作りに力を入れている。捨てられていた米ぬか、落ち葉などを活用して、しっかりと味がついた野菜を育てている。さらに地域の生ごみを回収して堆肥を作る循環型農業も目指す。ネパールや熊本県でも堆肥作りを指導する。

「普段捨てられているものでも技術を使えば価値となる」。同農園の鴨志田純代表は堆肥作りへのこだわりを語る。鴨志田代表は中高の数学の教員だったが、父...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン