/

この記事は会員限定です

NY原油一時60ドル上回る、1年1カ月ぶり コロナ前水準に

減産と需要回復期待で

(更新) [有料会員限定]

原油価格が一段と上昇し、ニューヨーク先物が日本時間15日の電子取引で一時1バレル60ドルを上回った。60ドル台を付けるのは2020年1月以来1年1カ月ぶりで、新型コロナウイルス禍が世界で深刻化する前の水準に戻った。産油国の減産と消費国の需要回復で在庫が減るとの見方から買いが続いた。

最大輸出国のサウジアラビアが2月から世界需要の1%に相当する日量100万バレルの追加減産を実施し、世界的に供給が絞ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン