/

この記事は会員限定です

米国、レアアースで豪州・エストニアと連携 中国に対抗

安定調達になお課題 商品部 飛田雅則

[有料会員限定]

電気自動車(EV)やミサイル防衛システムなど幅広い製品に欠かせないレアアース(希土類)市場で、米国が中国依存を軽減する取り組みを加速させている。米国はこれまで自国産レアアース鉱石の分離・精製を中国に頼ってきたが、豪企業と組んで米国内で処理したり、新たに欧州のエストニアで処理したりすることを決めた。レアアースを経済外交の武器として使う最大生産国の中国に対抗する狙いだ。

ウラン採掘の米エナジー・フュエ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1107文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン