/

この記事は会員限定です

技術と政治と 日本のスマホ部品価格に働く力学

5G 変わる電子部品市況(下) 小型・高機能、需要増の核に

[有料会員限定]

スマートフォンに欠かせない部品「積層セラミックコンデンサー(MLCC)」。電気を一時的に蓄えたり放出したりすることで、ノイズを除去し回路を安定させる基幹部品だ。村田製作所やTDK、太陽誘電など日本メーカーが7割のシェアを占める。

村田製作所が手掛けるのは0.25ミリメートル×0.125ミリメートルの世界最小クラス。従来品より電気を蓄える容量を増やしながら、スマホの小型化にも寄与する。UBS証券の平田真悟アナリストは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り964文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン