/

この記事は会員限定です

食品卸「巣ごもり」チェンジ 消費者の食卓へ直販 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で外食向けなど業務用需要が激減した食品卸各社。「巣ごもり」で好調な家庭用や一般消費者向けへの直販事業などに乗り出した。「黒子」に徹してきた卸だが、目利き力を生かして消費者に直接魅力を訴え、消費を促す。各社の伸びしろを探った。

コロナ禍で高まる食材への関心

食肉卸大手のスターゼン(8043)は3月、献立を考えずに済み、買い物や食材を切る手間もかからず、ゴミも少ないお手軽商品「お肉屋さんの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2665文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン