/

この記事は会員限定です

鶏卵卸値、前週比5%高 宣言延長も需給引き締まり

ハンバーガー需要増、鳥インフルで供給は縮小

[有料会員限定]

鶏卵の卸値が一段高となった。指標となるJA全農たまご(東京・新宿)の取引価格(東京地区・Mサイズ)は現在1キログラム215円と、前週から5円(2%)高い。鳥インフルエンザ感染で供給が細っているうえ、大手ハンバーガーチェーンが卵を使ったメニューを展開し、需給が引き締まっている。

鶏卵の卸値は鳥インフルの影響で年初から断続的に上昇してきた。足元の水準は年初の同120円から95円(79%)高い。直近はこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り204文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン