/

この記事は会員限定です

ノリ・ワカメ、6年ぶり安値 コンビニおにぎり減

コロナ禍で外食向け需要が減少 家庭向けは堅調も

[有料会員限定]

日本の食卓を代表する海藻、ノリとワカメの卸値が6年ぶりの安値となった。新型コロナウイルスの影響による在宅勤務や外出自粛などで、コンビニエンスストアのおにぎりや飲食店の需要が減った。家庭での消費は増えているが、外食の需要減を補えていない。初夏から出回る新物のノリやワカメの店頭価格が下がる可能性もある。

全国のノリの収穫は3月末にほぼ終了する。秋から冬の冷たい海の中で大きく育った海藻を、春までに刈り取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン