/

この記事は会員限定です

住宅向け木材が上昇、2年半ぶり高値

米国の市況高騰が波及 ハウスメーカーの重荷に

[有料会員限定]

住宅に使う木材の価格が軒並み上昇している。米国市場で製材品価格が再び高騰したことを受けた。米国では住宅需要が極めて旺盛で、製材品は2020年夏の最高値に迫る。米国の高値が、日本や欧州など世界各地の木材価格を押し上げている。

ツーバイフォー(2×4)住宅に使うSPF(トウヒ・マツ・モミ類)の日本向け規格品は1~3月期の対日価格が期中に上昇した。「(価格が)決着後に1割以上上がるのは異例」(市場関係者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り927文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン