/

この記事は会員限定です

バターも「クラフト」香り立つ、副産物も無駄なく

那須・南三陸で個性派育つ

[有料会員限定]

個性的な風味を持つ「クラフトバター」がじわりと存在感を高めている。生産工程で発生する脱脂乳などの副産物を有効活用することで、困難だった小規模生産の道筋が開いた。品種や季節ごとに味わいが異なるクラフトバターの登場は、お菓子作りや料理をする消費者にとって新たな選択肢となりそうだ。素材を生かしたスイーツも続々と登場している。

クラフトバターは、個性豊かな味や香りが特徴のバターだ。小規模生産のため一般的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1462文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン