/

この記事は会員限定です

EVに欠かせぬコバルト 産地コンゴ、児童労働改善へ

商品部 飛田雅則

[有料会員限定]

電気自動車(EV)向けに需要が増加するレアメタル(希少金属)、コバルトの採掘をめぐり、産地であるアフリカのコンゴ民主共和国の鉱山で欧米自動車メーカーを中心に児童労働の撲滅を目指す動きが広がっている。コバルトは電池に不可欠だが、劣悪な環境で児童によって掘られた鉱石が紛れていることが問題視されてきた。

「コバルトはエネルギー転換で重要な役割を担っている。コンゴ国民の生活も支えている」。欧州の資源商社、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1266文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン