/

この記事は会員限定です

異形棒鋼、流通価格が一段高 昨年末比9%上昇

原料高の転嫁進む

[有料会員限定]

建物の鉄筋に使う異形棒鋼の流通価格が一段と上昇した。16ミリ品の大口需要家向け価格は現在1トン7万7千円前後と昨年末に比べ9%高い。小口向けのスポット価格も4%ほど上昇した。原料価格の高騰を受けたメーカーの値上げが流通段階でさらに浸透してきた。

主原料の鉄スクラップは新型コロナ禍の影響などにより発生量が低調で、国内価格は昨年12月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン