/

この記事は会員限定です

歯科医悩ます「銀歯」高 診療報酬の改定追いつかず

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

国際商品市況の高騰が歯科医という意外な場所に影響を及ぼしている。歯の治療に不可欠な「銀歯」の価格が、原材料貴金属の価格高騰により上昇が続いているためだ。投機マネーの影響もあって相場が急騰する一方、政府の決める治療費は一定期間据え置かれる。銀歯の仕入れ価格が治療費を大きく上回り、歯科医にとって悩ましい状況が続いている。

「治療をしても利益ゼロや赤字になる。とてもやっていられない状況だ」。神奈川県横須...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン