/

この記事は会員限定です

穀物価格に再び上昇圧力 南米の天候不順で供給減も

米国在庫は下方修正の見通し

[有料会員限定]

トウモロコシや大豆の国際価格に再び上昇圧力が強まっている。南米産地の天候不順による供給不足や米国の在庫量が下方修正されるとの見方が広がっているためだ。相場の押し上げ材料だった中国向けの輸出成約が春節(旧正月)休暇前の1月末を最後に途絶え上値が重かったが、上昇基調に戻る可能性が出てきた。

シカゴ市場のトウモロコシ先物(期近)は日本時間8日夕の時間外取引で1ブッシェル5.71ドル程度。2月上旬につけた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り836文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン